WiMAXがWiMAX2+へ進化!これからは速度もLTEと比較しても問題なし!

MENU

WiMAXがWiMAX2+へ進化!これからは速度もLTEと比較しても問題なし!

WiMAXはトータルコスト的に見ても、他のモバイルルーターより安くモバイル通信が可能となっています。サービスエリア内ならば、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台のWiFi機器をネットに繋げることが可能です。プロバイダーそれぞれキャッシュバックされる時期はまちまちです。現実に入金される日は何ヶ月か経ってからと規定されていますから、そうした部分も確認した上で、どのプロバイダーで入手するのかを判断すべきでしょう。WiMAXにつきましては、本家と言えるUQはもとより、MVNOと称されている事業者が販売しております。

 

当然通信速度や通信可能エリアが変わるということは一切ないのですが、料金やサービスは違います。WiMAX2+のギガ放題プランに関しましては、1カ月間7GBというデータ使用量の縛りはなくなりますが、3日間で3GBを超越しますと、速度制限対象となってしまうことがあります。「ネット使い放題プラン」で人気のあるWiMAX。高速モバイル通信量無制限のモバイルWiFiルーターとして販売数もうなぎ登りであり、導入も実に簡単で、プラン内容からみたら月額料金も安めです。

 

「WiMAXを買いたいと思っているけど、通信可能エリア内かどうか心配だ。」と思う方は、「15日間の無料トライアル」期間があるので、そのお試し期間を活かして、普段の生活で使ってみることを推奨します。「ポケットWiFi」というネーミングはソフトバンク株式会社の商標ですが、ほとんどの場合「3Gだったり4G回線を利用してモバイル通信をやる」場合に外せないポケットに入れられるようなWiFiルーターのことを指します。「WiMAXあるいはWiMAX2+を申し込むつもりだ」と言われる方に注意してほしいのは、手堅くプロバイダーを比較するということをしませんと、多ければ30000円程度は余計なお金を払うことになりますよということです。

 

WiMAX2+というのは、平成25年からマーケット展開されているモバイル通信サービスなのです。従来のWiMAXと比べてみても、通信速度などがUPしており、何社ものプロバイダーが斬新なWiMAXとして、キャンペーンなどを取り入れながら販売しているのです。Y!mobile(Yモバイル)であるとかドコモにおいて決められている「3日間で1GB」という制限ですが、1GBという容量はパソコンで映像を視聴すると、大体2時間で達してしまうことになり、すぐさま速度制限が実施されてしまいます。現在使われているとされる4Gというのは正真正銘の4Gの規格とは別物で、日本ではまだ提供されていないモバイル通信サービスなのです。その4Gの正式なサービス提供までの一時的な規格として登場してきたのがLTEだというわけです。現在市場提供されているWiMAXモバイルルーターの中でも、W03は圧倒的にバッテリーの持ちに優れている端末です。長時間の営業などでも、不安になることなく使うことができます。

 

連日WiMAXを使っているわけですが、再びモバイルWiFiルーターを比較し、「実際に推奨できるのはどれになるのか?」を見定めてみたいと思うようになりました。今の時点で売りに出されているたくさんのモバイルルーターの中で、冷静な判断の元推奨できるのはどれなのかを、そこまで通信関連が理解できていないという方にも分かりやすいように、ランキング形式でご提示させていただきます。「データ許容量」、「使えるエリア」、「毎月の料金」、「速度制限の有り・無し」という4つの事項で比較してみた結果、誰がチョイスしても納得できるモバイルWiFiルーターは、驚くなかれ1機種だけだったのです。